名古屋の相続はお任せください

相続トータルサポート@名古屋

生命保険の相続手続きの流れと必要書類

1 生命保険の相続手続きが必要になる場合

⑴ 生命保険については,多くの場合,相続手続きが必要になることはありません。

生命保険は,多くの場合,契約者が被相続人,被保険者が被相続人,保険金受取人が特定の人となっています。

この場合,保険金受取人は,保険契約に基づき,保険金を受け取ることができます。

相続手続きにより保険金を受け取るわけではありませんので,相続放棄をしても保険金を受け取ることができますし,他の相続人に印鑑を押してもらう必要もありません。

⑵ それでは,どのような場合に,生命保険の相続手続きが必要になるのでしょうか。

当法人が担当した過去の事例では,以下の場合には,相続手続きを行う必要がありました。

① 受取人が被相続人自身である場合

契約者が被相続人である保険について,被相続人自身が受取人となっている場合があります。

このような場合,大抵,被保険者は,被相続人の妻等,被相続人以外の人になっています。

このような保険が組まれた場合に,被相続人が死亡すると,被相続人が受け取るべき保険金は,被相続人自身の財産となり,相続財産に含まれることとなります。

※ なお,被相続人が死亡した時点で保険事由が発生していない場合には,保険契約に基づく権利(保険契約を解約したときに解約返戻金を請求する権利等)が相続財産に含まれることとなります。

このような場合には,被相続人が受け取るべき保険金について,相続手続きを行う必要があります。

② 被相続人が受け取るべき保険金につき,保険金請求の手続きがなされていなかった場合

たとえば,夫が死亡し,妻が夫の契約した保険金の受取人になっていたとします。

その後,妻が保険金請求の手続きを行うことなく死亡した場合は,保険金の請求権が,妻の相続財産に含まれることとなります。

このような場合には,妻が受け取るべき保険金について,相続手続きを行う必要があります。

2 相続手続きの流れと必要書類

⑴ 上記のとおり,生命保険の相続手続きは例外的なものであるため,個別対応となることが多く,定型的にこのように手続きが進むと説明することが難しいです。

まずは,保険会社に連絡をとり,どのように手続きが進むか,どのような書類を準備すべきかを確認するのが良いでしょう。

なお,生前に保険契約の担当者になっていた職員が特定できる場合は,その職員とやり取りすると,比較的スムーズに進む可能性があります。

⑵ 必要な書類は,おおむね,相続関係を明らかにする戸籍,保険会社作成の書式,相続人全員の印鑑証明書(基本的には3か月以内のもの)になります。

遺産分割協議書については,提出せずに手続きを進めることもできますが,その場合には,保険会社作成の書式に相続人全員が実印を押印する必要があります。

3 生命保険の相続手続きについてのご相談

生命保険の相続手続きは例外的なものであるため,法的知識を持つ人が保険会社とやり取りした方が,スムーズに手続きを進めることができる可能性があります。

名古屋で相続手続きについてお困りのことがありましたら,弁護士法人心にご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

スタッフ紹介へ

対応エリア