名古屋の相続はお任せください

相続トータルサポート@名古屋

土地の相続手続きの流れと必要書類

1 土地の相続手続きの流れ

土地の相続手続きについては,相続人が複数であり,特定の相続人が土地を取得することとなる場合は,遺産分割協議書を作成する必要があります。

遺産分割協議書には,相続人全員が実印を押印する必要があります。

その上で,管轄法務局において,登記申請書とともに,遺産分割協議書,印鑑証明書,相続関係を明らかにする戸籍,被相続人の住民票の除票,土地を取得する相続人の住民票を提出し,登記の手続きを進めることとなります。

2 土地の相続手続きの必要書類

⑴ 土地の相続手続きの必要書類は,相続関係を明らかにする戸籍,被相続人の住民票の除票,土地を取得する相続人の住民票,登記申請書,相続人全員の印鑑証明書です。

印鑑証明書については,基本的には,何か月前に発行されたものであっても有効です。ただし,住所の変更があり,遺産分割協議書に記載された住所と齟齬が生じている場合には,新住所が記載された印鑑証明書を取得する必要があります。

⑵ 登記に際しては,登録免許税を納付しなければなりませんので,登録免許税に相当する収入印紙を準備する必要もありますし,登録免許税の算定のために土地の固定資産評価証明書も提出する必要があります。

3 特別な書類が必要になる場合

通常の登記手続きで必要になる書類は上記のとおりですが,事案によっては,特別な書類が必要になることがあります。

たとえば,登記簿に記載された被相続人の住所が,被相続人の住民票の除票に記載された住所と異なっている場合は,住所の移動を証明する書類を提出しなければ,登記手続きを進めることはできません。

過去の住民票を順次取得することにより,登記簿に記載された住所まで遡ることができる場合には,追加で,過去の住民票を提出する必要があります。

保管期間が経過している等の理由により,過去の住民票を取得できない場合には,相続人全員が実印を押印した申述書を作成し,相続人全員の印鑑証明書(この場合は,3か月以内に発行されたものに限られます)とともに提出する必要があることもあります。

4 土地の相続手続きについてのご相談

土地の相続手続きについては,登記の専門家である司法書士と連携して行うのが望ましいです。

弁護士法人心は,名古屋駅の近くに事務所があり,心グループ内の法人に所属する司法書士と連携して,土地の相続手続きの案件を進める体制を作っています。

相続手続きについてお困りのことがありましたら,当法人にご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

スタッフ紹介へ

対応エリア