遺産分割は名古屋駅徒歩2分の弁護士法人心 名古屋駅法律事務所まで

遺産分割サポート@名古屋駅

嫡出子と非嫡出子

婚姻関係にある男女から生まれた子を嫡出子,そうではない子を非嫡出子といいます。

日本の民法では,長い間,相続において,その相続分が非嫡出子は嫡出子の2分の1であるとされてきました(旧民法900条4号但書)。しかし,平成25年9月4日に,最高裁がこの規定を違憲であると判断しました。その結果,遅くとも平成13年7月以降に開始した相続においては,法律上,嫡出子と非嫡出子を不平等に扱うことは許されないこととなりました。

その理由として最高裁は,これまでの経緯を述べながら,法律婚制度の「下で父母が婚姻関係になかったという,子にとっては自ら選択ないし修正する余地のない事柄を理由としてその子に不利益を及ぼすことは許され」ないとしています。

また,この最高裁決定を受けて,民法の規定が以下のとおり削除されました。

民法900条「四 子,直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは,各自の相続分は,相等しいものとする。ただし,父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は,父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。」

そのため,これから開始する相続では,嫡出子と非嫡出子の相続分は同じであるとされることとなります。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

遺産分割についての知識

遺産分割をするにあたり,相続分は民法で定められています。

例えば,自分の親が亡くなり,父または母(配偶者)と子どもが相続人となっていた場合には,配偶者と子どもは,2分の1ずつ相続することになり,子どもはその人数にしたがって,さらに均等に財産を分割することになります。

しかし,以前は,子のあいだでも,相続分が不平等に扱われていたことがありました。

それが,婚姻関係にある男女から出生した「嫡出子」と婚姻関係にない男女から出生した「非嫡出子」です。

日本の民法では,長い間,相続において,その相続分が非嫡出子は嫡出子の2分の1であるとされてきました。

しかし,平成25年9月4日に,最高裁がこの規定を違憲であると判断しました。

自分の父母が婚姻関係になかったということは,子どもが自ら選択したり,修正できない事柄です。

最高裁は,子どもが自分ではどうすることもできないこうした事実を理由にして,非嫡出子となる子どもに不利益を及ぼすことは許されないと判断したのです。

現在では嫡出子と非嫡出子との間で相続分に違いはありません。

平等に相続財産を分割して相続できるようになりました。

遺産分割については,法改正の議論になることも多く,非嫡出子の問題のように,実際に法改正されるケースも見受けられます。

「自分の知識が,現行の法律で適用されているのか不安だ」「遺産分割について正しい知識を知りたい」「遺産分割について何も分からず困っている」という方は弁護士法人心名古屋駅法律事務所にご相談ください。

当法人では,相続に関するあらゆるご相談を受け付けております。

ご相談のなかで,弁護士が遺産分割に関する法律や手続などを分かりやすくご説明させていただきます。

遺産分割に関する知識が全くないとご心配される必要もございません。

また,遺産分割のご相談だけであれば原則無料で受け付けております。

事前にご予約が必要ですが,平日は夜10時までご相談いただける体制ができており,土日対応も可能です。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所は,名古屋駅徒歩2分の場所にございます。

ご来所いただきやすい立地となっておりますので,名古屋で遺産分割に詳しい弁護士をお探しの方は,ぜひ一度弁護士法人心名古屋駅法律事務所にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ