名古屋の相続はお任せください

相続トータルサポート@名古屋

相続人調査とはなぜ必要なのですか?何をするのですか?

1 相続人調査の必要性

⑴ 相続人が一人でも欠けると遺産分割は無効

Aさんの財産を相続人が分け合う場合,Aさんの預貯金を解約したり,Aさんの不動産名義を変更することになります。

そのためには遺産分割協議書という書類が必要になりますが,相続人が一人でも欠けると遺産分割協議は無効になってしまうことから,相続人はしっかりと調査をして確定させなければなりません。

⑵ 相続人が欠ける場合の具体例

たとえば,Aさんが亡くなった場合,Aさんが残した財産はどうなるでしょうか。

もちろん,Aさんが残した財産はAさんの相続人が相続することになります。

しかし,Aさんの相続人が誰かということが,簡単には分からないことがあります。

たとえば,Aさんに離婚歴があり,前妻との間に子どもがいる場合はどうでしょうか。

離婚した時期が数十年前というケースも珍しくなく,そのような場合は前妻の子どもとAさんは疎遠になっており,Aさんの家族は前妻の子どもの存在を知らないということが考えられます。

また,Aさんの老後のお世話をしてくれたBさんが,Aさんの養子になっていた場合というのも考えられます。

このように,Aさんの相続人は公的な書類を調査しなければ確定させることができないのです。

2 そもそも相続人とは?

相続人には順位が定められています。

まず,第1順位の相続人は亡くなった方の子どもです。

たとえば,Aさんが亡くなった場合,Aさんの子どもであるBさんが第1順位の相続人になります。

また,仮にBさんがAさんより先に亡くなっていて,Bさんに子どもがいる場合,つまりAさんの孫がいる場合は,その孫が相続人になります。

次に第2順位の相続人として,直系尊属がいます。

直系尊属とは,簡単に言うと亡くなったAさんの親にあたる方をいいます。

Aさんに子どもがいない場合で,Aさんの親が存命であれば,Aさんの親が相続人になります。

最後に,第3順位の相続人として兄弟姉妹がいます。

Aさんに子どもも親もいない場合は,Aさんの兄弟姉妹が相続人になります。

ここで気になるのが,Aさんの配偶者ですが,配偶者は上記の順位に関係なく,常に相続人になります。

3 相続人調査の方法

⑴ 戸籍の調査は手間と時間がかかることも

相続人調査は戸籍を取り寄せることから始まります。

まず,戸籍は亡くなった方の本籍地で取得する必要があるため,亡くなった方の本籍地が分からない場合は,本籍地を記載した住民票を取得する必要があります。

さらに,Aさんが亡くなった場合,Aさんが生まれたときから亡くなるまでの全ての戸籍が必要です。

戸籍は法律の改正,転籍,婚姻などで新しくなるため,Aさんが生まれた時から亡くなるまでの戸籍といっても,複数の戸籍を取り寄せることになります。

その際,同じ役所で戸籍が集まるとは限らないため,戸籍を読み解き,古い戸籍がある役所から戸籍を取り寄せるということを繰り返し,ようやくAさんの戸籍が全てそろうというケースも珍しくありません。

⑵ 取り寄せる戸籍の数が膨大になることも

たとえば,祖父の遺産分割協議を行わないまま,30年が経過した場合,取り寄せる戸籍の数は膨大になることがあります。

まず,祖父の子どもがすでに亡くなっている場合,祖父の戸籍だけでなく,祖父の子どもが生まれた時から亡くなるまでの全ての戸籍が必要になります。

また,祖父に前妻の子が3人いた場合,前妻の3人の子についても戸籍を取得する必要があります。

さらに,その子がすでに亡くなっている場合はその子が生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍が必要になります。

このように,相続人調査のために戸籍を取り寄せるといっても,何十枚もの戸籍を読み解き,全国の役所に問い合わせをするケースもあり,手間と時間がかかることも珍しくありません。

4 相続人調査をしたい方へ

相続人の調査は,相続手続きの第一歩です。

相続人が一人でも欠けると遺産分割協議が無効になってしまい,10年,20年経過後に遺産分割協議をやり直すということになりかねません。

また,調停や審判を行う際にも相続人を確定させるための調査は必要です。

しかし,相続人の調査のためには,時には明治時代や大正時代まで遡って,膨大な数の戸籍を用意したり,昔の難解な戸籍を読み解く知識・経験や時間も要求されます。

名古屋で相続人調査をお考えの方は,お気軽にご相談ください。

選ばれる理由へ業務内容へ

スタッフ紹介へ

対応エリア