名古屋の『相続』はお任せください

お客様相談室

サービス向上のために

皆様に心のこもったサービスをご提供できるよう,心グループではお客様相談室を設置しています。相続に関するご相談中にお困りのこと,担当には少し言いにくいことなどがありましたら,こちらにご連絡ください。親切・丁寧に対応させていただきます。

外出せずに相談可能

当法人では,お客様がお希望される場合,電話・テレビ電話等を利用して,外出することなく相談し,申告まで可能です。

Q&A一覧はこちら

皆様が良く悩まれるポイント

相続に関して,このようなご質問をよくいただいております。実際にご相談いただいた際にもご説明しておりますが,こちらのページもぜひご覧ください。当法人では皆様にご満足いただけるよう,相続に関してさまざまなサービスを行っております。

スタッフ紹介へ

他士業との連携の重要性

さまざまな士業の知識を活用して皆様のサポートをさせていただけるよう、協力体制を整えています。相続に関する複雑なお悩みもお任せください。

仕事帰りにお立ち寄りください

心グループの各オフィスは名古屋駅から非常に近いところがあり,ご相談にいらしていただく際にもとても便利です。「相続に関して相談したいけれど時間がない」という方もご相談いただけます。

新着情報

弁護士に依頼した場合の相続財産の調査方法

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年2月19日

1 相続財産の調査をしなかった場合の落とし穴

相続財産は、文字通り亡くなった方の遺産を指します。

この遺産は、しっかり調べておかないと、あとで大変なことになるかもしれません。

たとえば、亡くなった方に、実は多額の借金があった場合はどうなるでしょうか。

遺産という言葉からは、ついついプラスの財産をイメージしてしまいがちですが、遺産にはマイナスの財産も含まれます。

もし、相続発生後すぐに、相続財産の調査をせず、何となく遺産を相続し、その結果莫大な借金を背負ってしまった、という事態もありえます。

そのため、相続発生後は、短期間のうちに、しっかりと相続財産の調査をしておく必要があります。

2 弁護士による相続財産の調査の方法

⑴ 手がかりから遺産を発見する

たとえば、親が亡くなったとして、親の遺産の詳細を把握している子どもは少ないのではないでしょうか。

親が加入している生命保険会社はどこなのか、株式は持っているのかなどは、なかなか分からいこともあります。

弁護士は、まず通帳や、預貯金の取引履歴を見て、手がかりを探します。

入金や出金の履歴から、普段のお金の流れを把握し、亡くなった方がどういった財産を所有していたのかを調べます。

また、相続人の調査を行い、亡くなった方や、そのご両親などの本籍地を調べ、その地域に先祖代々の不動産があるのではないかといった目星をつけ、不動産の調査を行います。

このように、弁護士は、どんな相続財産があるか分からない状態から、手がかりを見つけ、相続財産の調査を行います。

⑵ 情報開示請求を行う

弁護士は、市区町村、金融機関、証券会社等に情報開示請求を行い、相続財産の調査を行います。

たとえば、借金の有無については、家に届いている通知や、通帳の履歴から目星をつけ、借金の情報を管理している機関に情報開示請求を行います。

3 相続財産の評価も大切

相続財産を見つけた後は、その財産がどのくらいの価値なのかを計算する必要があります。

たとえば、預貯金と異なり、土地や建物は、どれくらいの価値があるのかは、様々な方法で調査をする必要があります。

その額によっては、税金の申告をする必要も出てくるため、相続財産の調査は、相続財産の評価も重要なポイントです。

弁護士は、固定資産税評価証明書や、路線価、不動産鑑定などを用いて、不動産の評価を行います。

相続のお悩みの相談先

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年1月21日

1 相続の悩み事の種類

相続のお悩みは、大きく分けて2つあります。

1つは、自分自身の相続について、あらかじめ対策を打っておく「生前対策」のお悩みです。

もう1つは、ご家族が亡くなり、相続が発生した後のお悩みです。

いずれのお悩みも、財産、税金、感情の対立など、様々なことを考慮しながら、対策をする必要があります。

2 生前対策について

生前対策で、一番大切なことは、残されたご家族が遺産を巡って、もめないようにすることです。

遺産を巡る争いを防ぐためには、遺言書を作成しておくことが有効です。

遺言書がなければ、遺産の分け方について、相続人全員で話し合いをする必要がありますが、遺言書があれば、原則として遺言書の通りに遺産を分けることになるため、遺産の分け方で話し合いをする必要がなくなります。

しかし、遺言書の書き方によっては、かえってもめ事を起こしてしまうことがあります。

そのため、どういった遺言書であれば、裁判などに発展してしまうのかということを熟知している専門家に相談をすることが大切です。

また、生前対策の一つとして、税金の問題があります。

相続の場面では、各種税金が発生することがあるため、ご家族には、税金を支払えるだけの現金を残しておく必要があります。

3 相続発生後のお悩み

相続が発生すると、預貯金の解約や、不動産の名義変更など、様々な法的手続きが必要です。

また、遺産を巡って、家族で争いになってしまった場合は、裁判所での手続きが必要になることもあります。

相続発生後のお悩みについては、高度な法律知識や、判例についての知識が必要になるため、すぐに相続の専門家に相談することが大切です。

4 相続を集中的に扱っている専門家に相談しましょう

生前対策も、相続発生後のお悩みも、相続に関する法律や、税金などの複数の分野が複雑に絡み合う場面です。

そのため、相続を集中的に取り扱い、実績が豊富な専門家に相談することが大切です。

相続の相談先の選び方

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年1月7日

1 相続に関する相談先

相続は、どこのご家庭にも発生し得る身近なテーマです。

しかし、相続は各種法律や、税金に関する問題が複雑に絡み合う分野のため、慎重に対応しなければ、予想外の税金が課せられるなど、不利益が発生する可能性があります。

そのため、相続については、相続の専門家に相談しながら、手続きを進めることが大切です。

相続に関する相談先としては、信託銀行などもあげられることがありますが、信託銀行の担当者が、国家資格を有しているとは限りません。

相続の相談をする場合は、弁護士等の国家資格を有している専門家に相談することをお勧めします。

2 相続の相談は、相続に強い専門家に

国家資格を有していても、必ずしもその先生が、相続に詳しいとは限りません。

たとえば、大きな総合病院に行けば、眼科や脳神経外科など、専門分野は細かく分かれています。

法律の世界でも、相続は、たくさんある分野のうちの一つに過ぎないため、相続をほとんど扱ったことがない専門家も存在します。

そのため、相続について相談する場合は、国家資格を有していて、しかも相続に強い専門家に相談しましょう。

3 相続に強い専門家の特徴

脳神経外科の医師が、脳の外科手術に精通しているのは、その分野に特化し、多くの脳の手術を手がけているためです。

相続でも同じように、相続に強い専門家は、相続分野を集中的に取り扱い、相続について多くの実績があります。

また、相続は、各種税金が深く関わる分野です。

もし、税金の計算や、税金の手続きを間違えてしまった場合、余計に税金を支払わなければならないといった事態になる可能性があります。

相続に強い専門家であれば、税金についても深く関わることが多いため、税金についても間違いがないよう、手続きを進めることができます。

4 相続の相談は、早くすることが大切です

相続の相談は、大きく分けて生前の対策と、相続発生後の相談があります。

生前の対策は、相談者の方が認知症等になってしまうと、手続きが難しくなることがあります。

また、相続発生後の相談については、法律で期限が定められているものがあります。

そのため、相続についての相談は、とにかく早く行うことが大切です。

相続の手続きを放置するデメリット

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年4月14日

1 相続の手続き放置するとデメリットがある

相続手続きをするためは、相続人の確定に必要な戸籍を集めて、相続財産の内容を調査して、遺産の分け方を決めたうえ、これをもとに不動産の名義変更や預貯金の解約手続きを進める必要があります。

これらの相続手続きを進めるためには、役所で必要な書類を集めるためにお仕事を休まなければならなかったり、必要な書類の作成方法を調べたり、他の相続人と進め方を話し合ったりする必要があり、その負担が大きい場合も少なくありません。

そのため、何も手続きをせずに、ついつい放置してしまう方もいらっしゃいます。

しかし、現在のところは、遺産分割協議に法的な期間制限はないものの、、何もせず放置しておくと、以下のようなさまざまなデメリットが発生するおそれがありますので、注意が必要です。

2 余計な税金を支払うことになるおそれ

相続財産が多い場合には、相続税の申告が必要なケースがあります。

相続税の申告が必要かどうかは、相続財産の内容や相続人の数によって決まります。

相続税の申告をせず、税金の納付をしないまま放置すれば、税務署から「申告や納税をしなかった」と指摘され、無申告加算税・延滞税・重加算税などのペナルティを課される可能性があります。

相続税の申告を期限内にしなかった場合には、期限内に申告をしていれば利用できたはずの特例を利用できないなどのデメリットもあります。

このように、相続税を支払わなければならないケースでは、相続手続きを放置したことで余計な税金を支払うことになるおそれがあります。

3 遺産を勝手に処分されるおそれ

遺産の分け方を決めずに放置していると、ほかの相続人や第三者に勝手に遺産を処分してしまうおそれがあります。

たとえば、ご家族が亡くなったことを銀行に知らせなかったために口座が凍結されず、相続財産を管理していた者が無断で預貯金を引き出したり、口座を解約してしまう場合がありえます。

また、着物や貴金属など高価な動産が相続財産に含まれている場合には、それらが処分されたとしても、預貯金と違って明確な証拠が残らないことが多いため、勝手に処分した者に対して責任を追及することが難しくなるおそれがあります。

4 相続人の数が増えてしまったり、疎遠な相続人が現れるおそれ

相続手続きを長年放置していると、当初の相続人であった方が亡くなり、相続人としての立場が次の世代に引き継がれていくことになります。

たとえば、当初は相続人が3人しかいなかったのに、その3人が相続の手続きをしなかった場合、その子や孫、配偶者が他の相続人との間で相続手続きをしなければならなくなります。

相続人の世代が次に引き継がれていった場合に、その数が増えていってしまう可能性はありますし、その相続人の間には日頃から交流がないという可能性も高まります。

相続人の数が増えた場合や相続人間に交流がなく疎遠である場合には、より相続手続きを進めることが難しくなります。

たとえば、もともとは相続人の全員が名古屋に住んでいたとしても、その一人が亡くなったために、その地位を引き継いだ者との面識がなかったり、名古屋から遠方に住んでいてスムーズに手続きを進められないという可能性はあるでしょう。

このように、相続手続きを放置すると、相続人の数が増えてしまったり、疎遠な相続人が現れることで、相続手続きを進めることが難しくなるというデメリットがあります。

相続で必要となる戸籍謄本の取得方法

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2020年11月5日

1 相続の手続きをするためには戸籍が必要です

相続の手続きには,不動産の名義変更,預貯金の解約,年金に関するものなど,様々な種類の手続きがあります。

これらの手続きは,原則として相続人でなければ,行うことができません。

そのため,相続の手続きを行うためには,相続人であることの証明が必要になります。

相続人であることの公的な証明は,戸籍謄本で行います。

2 どの範囲の戸籍が必要かは,場合によって異なります

⑴ 必ず必要な戸籍

まず,亡くなった方が生まれてから,亡くなるまでの全ての戸籍謄本が必要です。

戸籍は,結婚をしたり,養子縁組をした場合に,新しく作られるため,その全ての戸籍謄本が必要です。

⑵ 相続人の戸籍謄本

相続人であることの公的な証明は,戸籍謄本で行います。続手続を行う場合,相続人自身の戸籍謄本が必要です。

⑶ その他の戸籍謄本

誰が相続人かによって,他にも必要な戸籍があります。

たとえば,孫が相続人になるようなケースでは,子が生まれてから,亡くなるまでの戸籍と,孫の戸籍が必要です。

他方,兄弟が相続人の場合,親が生まれてから亡くなるまでの戸籍と,兄弟の戸籍が必要になります。

3 戸籍謄本の取得方法

戸籍は,本籍地の役所で取得することになります。

本籍地は,市区町村単位のため,たとえば名古屋に本籍地がある場合は,その本籍地である市区町村役場で戸籍を取得できます。

他方,亡くなった方が,結婚や転籍などの理由で,過去に他の都道府県の市区町村に本籍地があった場合,その市区町村役場で戸籍を取得することになります。

本籍地が遠方である場合は,郵送でも戸籍を取得することができるため,場合によっては,郵送で手続きをした方が便利です。

4 戸籍謄本と,戸籍抄本の違い

戸籍謄本は,同じ戸籍に記載されている方の情報が全て記載されています。

たとえば,夫婦と子が同じ戸籍に記載されている場合に,夫が自分の戸籍謄本を取得すれば,妻と子の氏名や生年月日の情報も記載された戸籍を取得できます。

他方,戸籍抄本は,一部の情報のみが記載された戸籍です。

たとえば,先程の例で,夫が自分の戸籍抄本を取得した場合,妻と子の情報は何も記載されていない戸籍を取得することになります。

相続の手続きでは,戸籍謄本が必要になることが多いため,注意が必要です。

5 ご不安がある場合は弁護士にご相談ください

「自分の相続でどのような戸籍が必要になるかわからない」「戸籍を適切に集められる自信がない」という方は,弁護士にご依頼ください。

弁護士が戸籍の取得を代行させていただきます。

特に,相続人が多いケースや,古い戸籍を取得する必要がある場合は,弁護士が代行したほうがスムーズに取得を進められる可能性がありますので,お気軽にご依頼いただければと思います。

相続が発生した場合に必要な手続

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2020年10月13日

1 年金の手続

年金を受給している方が亡くなった場合,社会保険事務所で,手続きを行う必要があります。

厚生年金を受給していた場合,亡くなってから10日以内に手続きを行う必要があります。

他方,国民年金を受給していた場合,亡くなってから14日以内に手続きを行う必要があります。

年金関係の手続きを行うためには,年金証書,死亡診断書,戸籍などが必要です。

年金手帳が見つからない場合は,紛失届などの提出が必要になる場合があります。

手続を行う場所は,亡くなった方の住民票の住所地を管轄する社会保険事務所です。

2 健康保険証の手続

亡くなった方が国民健康保険に加入していた場合,保険は必要なくなるため,その手続きを行う必要があります。

具体的には,国民健康保険資格喪失届を,市区町村役場に提出します。

この届出は,亡くなってから14日以内に行う必要があります。

国民健康保険資格喪失届を提出するときは,健康保険証を返還しなければなりません。

手続を行う際は,国民健康保険の保険証や,運転免許証などの本人確認書類などが必要です。

手続を行う場所は,亡くなった方の住民票上の住所の市区町村役場です。

3 介護保険の手続

亡くなった方が,介護保険の被保険者だった場合,介護保険に関する手続きが必要です。

具体的には,介護保険の資格喪失届を市区町村役場に提出します。

また,亡くなった方が,要介護認定を受けていた場合,介護被保険者証を返還する必要があります。

手続を行う場所は,亡くなった方の住民票上の住所の市区町村役場です。

4 世帯主の変更手続

世帯主が亡くなった場合,世帯主の変更の手続きを行わなければならない場合があります。

もっとも,残された世帯員が1人だけの場合は,世帯主変更の届出をする必要はありません。

また,残された世帯員が15歳未満の子と,親権者の2人だけの場合も,世帯主変更の届出は必要ありません。

5 住民票の抹消手続

亡くなった方の住民票を抹消する手続きが必要です。

もっとも,死亡届を提出すれば,自動的に役所が手続きを行うため,特に提出する書類はありません。

相続後すぐに必要な手続

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年4月8日

1 身内が亡くなったときにすぐにやるべきこと

人が亡くなると、葬式の準備や役所への届出など、さまざま手続きが必要になりますが、人生で身内が亡くなるという経験は人何度も経験することではありませんので、不慣れな方も多いでしょう。

以下では、身内が亡くなって相続した後にすぐにやるべきことを解説していきます。

2 死亡診断書の取得と死亡届の提出

⑴ 死亡診断書の取得

身内が亡くなったときには、まずは死亡診断書を取得する必要があります。

死亡診断書は、その方がどのように死亡したかなどが記載されている書類です。

死亡診断書は医師が作成するものですので、たとえば、入院中に亡くなったのであれば病院の医師に、ご自宅で亡くなったのであれば主治医に作成を依頼して、取得します。

亡くなった方が治療をしていた病気などが原因で亡くなったのではない場合や、死因が不明な場合には、医師による死体検案書を作成する必要がありますが、これら亡くなったことを証明する書類が必要であるということは変わりません。

なお、死亡診断書も死体検案書も発行には費用がかかります。

⑵ 死亡届の提出

死亡診断書を取得した後は、市町村に死亡届を提出します。

死亡届と死亡診断書は、1枚の紙に収まっているものですので、用紙の左側の死亡届の欄に亡くなった方の氏名や住所などを記載して作成します。

※参考リンク:死亡届/法務省

死亡届の提出先は、亡くなった方の本籍地のある市町村か、亡くなった場所の市町村、届け出る方の所在地の市町村のいずれかです。

名古屋市内の病院で亡くなったのであれば、名古屋市の区役所に提出することになります。

亡くなったのを知ってから7日以内に提出する必要がありますし、これを提出しなければその後の相続の手続きを進められませんので、注意しましょう。

⑶ コピーを取っておく

提出する死亡届と死亡診断書は、提出前にコピーを取っておきましょう。

葬儀や生命保険金の受取りなど、その後の相続手続きに必要になるからです。

ここでコピーを取り忘れた場合は、死亡届の記載事項証明書を請求しなければならなくなる可能性もありますから、注意しましょう。

3 火葬許可証の取得

死亡届を提出するのとあわせて、葬許可申請書を提出します。

申請用紙は市町村の窓口にありますので、これに必要事項を記入して提出すると、市町村から火葬許可証が発行されます。

火葬許可証を取得できれば、葬儀や火葬を行うことができるようになります。

取得した火葬許可証は、遺体を火葬する火葬場に提出する必要がありますので、大事に保管しましょう。

4 葬儀会社が代行してくれることもあります

上記の手続きは、葬儀会社がその一部を代行してくれることもあります。

葬儀では、やるべきことや決めなければならないことも多いため、手続きをする余裕がない場合には、上記の手続きを代行してもらうのもよいでしょう。

相続のご相談から解決までにかかる時間

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2020年7月3日

相続に関する案件を専門家に依頼した場合、相談から解決までにどれくらいの時間がかかるのかを気にされる方は多くいらっしゃいます。

ここでは、相続案件の一般的な相談から解決までの流れを踏まえて、段階ごとにどのくらい時間がかかるのかについて、具体的にご説明いたします。

・・・続きはこちら

相続手続では何をしなければならないか

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2020年7月10日

相続の際には,様々な手続き等が必要になりますが,特に重要なものは,「遺産総額の把握」,「相続人の確定」,「遺言の有無の確認」,「遺産分割協議」,「相続税の申告」です。

それぞれについて,どのように行えばよいのかや,各種相続手続を進める上での注意点等について,知っておくことがとても大切です。

・・・続きはこちら

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

名古屋で相続をお考えの方へ

様々なお悩みに対応します

こちらのサイトは、名古屋市及びその周辺にお住まいの方で、ご生前の遺言書作成や相続税対策、相続財産調査、相続人調査、ご逝去後の遺産相続をめぐる争いや相続の単純承認・限定承認・相続放棄、遺産分割、相続税申告等の「相続」でお悩みの方に向けて情報を掲載しております。

こちらのサイトの他にも、名古屋市及びその周辺にお住まいの方で、相続にお悩みの方のため、遺言専用サイト、遺産分割専用サイト、相続税専用サイト等、相続に関する各専用サイトを設けておりますので、ぜひご活用ください。

お気軽にご相談ください

私たちは、東海地方を中心とした各地にオフィスを展開しています。

名古屋駅の近くにもオフィスがあり、お気軽に足を運んでいただきやすいかと思います。

全力でサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ