名古屋の『相続』はお任せください

相続トータルサポート@名古屋 <span>by 心グループ</span>

相続放棄

相続放棄には期限があるため、迅速な対応が求められます。

弁護士法人心では、「相続放棄チーム」を作り、集中的に相続放棄を取り扱うことで迅速かつ適切な事件処理を行うことのできる体制を目指しています。

相続放棄をお考えの方は、弁護士法人心にご相談ください。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ

スタッフ紹介へ

相続放棄のメリット・デメリット

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2022年2月2日

1 相続放棄のメリット

相続人が相続放棄をした場合、亡くなった方の借金などの負債を引き継ぐことはありません

相続放棄をした場合の最大のメリットはここにあります。

相続財産に不動産などのプラスの財産があったとしても、たとえば、田舎の土地で管理の費用ばかりがかかり、財産としての価値は低い場合にも、相続放棄をすれば、これを引き継ぐ必要はありません。

そのほかのメリットとして、相続において遺産分割協議をしなければならない場合、相続放棄をすれば相続人ではなくなるため、他の相続人と遺産分割協議などで関わる必要はなくなります

相続人の方の中には、心情的に亡くなった方の財産を引き継ぎたくないという方もいらっしゃいますが、そのような方についても相続放棄をすればよいということになります。

なお、相続放棄をした場合にも、たとえば生命保険金など、被相続人が亡くなったことを契機に受け取ることができるものがありますので、ご注意ください。

2 相続放棄のデメリット

相続放棄をした場合、上記のように、亡くなった方の負債を引き継ぐことはありませんが、財産を引き継ぐことはできません

これが相続放棄の最大のデメリットです。

特定の負債のみを相続放棄をして引き継がず、特定の財産のみを相続して引き継ぐという方法を採ることはできません。

そのため、亡くなった方に負債の方が多い場合には相続放棄をし、財産の方が多い場合には相続をするというのが基本的な方針になります。

財産や負債の内容が明らかではない場合、必要な調査をすることでこれを明らかにします。

ただし、調査によってもすべてが明らかになるわけではなく、どうしても調査しきれない負債が残ってしまうというリスクはあります。

そのため、判明している範囲では、財産の方が負債よりも多いものの、調査しきれなかった負債が存在するリスクを考慮して、相続放棄をするという選択をすることが合理的な場合もあります。

また、自らが相続放棄をすることで、他の後順位の相続人が相続人となってしまうということも生じます。

たとえば、亡くなった方が債務超過であるため、子である自分が相続放棄をした場合、亡くなった方の父母が続いて相続人となるため、父母にも相続放棄をしてもらう必要が生じてしまうことがあります。

なお、相続放棄をするためには、家庭裁判所に相続放棄の申述の受理を申し立てる必要がありますので、ご注意ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

相続放棄をお考えの方へ

相続放棄とは

相続財産よりも債務のほうが高額である場合などは、相続放棄を選択される方が少なくありません。

相続放棄とは、本来受け継ぐはずだった財産や債務をすべて手放すことのできる制度です。

期限内に手続きを行い、相続放棄が認められれば、財産も債務も受け継ぐことはなくなります。

しかし、相続放棄の手続きというのは多くの方にとって馴染みのないものであり、期限のことやルールのことなど、ご存知でない方も多くいらっしゃるかと思います。

適切に手続きを進めるためにも、相続放棄については専門家にご相談いただくことをおすすめいたします。

名古屋の相続放棄はお任せください

私たちは、名古屋駅から徒歩2分という大変便利な立地に事務所を設けております。

相続放棄のご相談にもお越しいただきやすいかと思いますので、お気軽にご利用ください。

また、相続放棄のお悩みに関しては全国対応も可能となっております。

電話・メール・郵送等でやりとりをさせていただくことで、ご相談から相続放棄の申請までを、事務所にお越しいただくことなく進めることができます。

この方法であれば、名古屋の事務所に訪れることが難しい方にもご利用いただけるかと思いますので、ご希望の際はご連絡ください。

お問合せ・アクセス・地図へ