名古屋で『相続税』に強い税理士なら【税理士法人心】

税理士法人心

遺産の総額,遺産の内容,申告時期,共同相続人の人数等により報酬金は異なります。

費用の詳細(一覧)

閉じる
基本報酬
遺産の総額 基本報酬金 遺産の総額 基本報酬
4000万円未満 12万円 1億円以上1億5000万円未満 52万円
4000万円以上5000万円未満 17万円 1億5000万円以上2億円未満 67万円
5000万円以上7000万円未満 27万円 2億円以上 別途お見積り
7000万円以上1億円未満 37万円

遺産の総額は,申告書第1表の取得財産の価額に贈与財産価額を加えた上,死亡保険金及び死亡退職手当金の非課税金額並びに小規模宅地等の特例等により減額された金額を加算した金額とします。

加算報酬
加算事由 加算報酬
①土地 1利用区分当たり5万円を加算します。
②有価証券(非上場銘柄) 1銘柄当たり15万円を加算します。
③共同相続人(受遺者を含みます)

※委任者以外の共同相続人も含みます。

1人増す毎に基本報酬の10%を加算します。

加算報酬金②有価証券(非上場銘柄)の評価に際して,加算事由がある場合(非上場会社が土地や非上場銘柄を所有していた場合)は,同様に加算します。

本委任契約を締結後,3か月以内に申告期限が到来する場合は,報酬金を10%加算,2か月以内に申告期限が到来する場合は,報酬金を20%加算,1か月以内に申告期限が到来する場合は,報酬金を30%加算します。

申告期限一ヶ月前までに遺産分割協議が成立しない場合は,報酬金を25%加算します。

報酬金は,弁護士,司法書士,鑑定人等の費用は含みません。

本委任契約を締結した時点で想定していない事由が生じた場合は,報酬金の金額又は算定方法につき,別途協議します。

  1. 続きはこちら
  2. 続きはこちら
  3. 続きはこちら
  4. 続きはこちら
  5. 続きはこちら

選ばれる理由一覧はこちら

お客様相談室

【悩まずご相談ください】税理士に相談することが初めての方にも安心してご依頼いただけるように,お客様相談室を設けております。名古屋で相続税に関してお困りごとやお悩みのことがございましたら,お気軽に税理士法人心にご相談ください。

どんなものが相続税の課税の対象となりますか?
相続税の課税の対象となる財産は,原則として,相続や遺贈によって取得・・・続きはこちら
遺産分割が終わっていない場合の申告はどうするのですか?
未分割として法定相続分どおり取得したことにして申告をします。・・・続きはこちら
申告期限の直前に相談しても大丈夫ですか?
申告期限直前のご相談でもお請けします。しかし,やはり早めにご相談い・・・続きはこちら
税務調査とはどのようなものですか?また税務調査の対策を教えてください
税務調査とは,申告の後,申告漏れ等がないかを税務署が調査することです・・・続きはこちら

Q&A一覧はこちら

【相続税でお悩みの方へ】相続税に関してよくご質問いただくことをQ&A形式でまとめております。相続税について知りたいという方の参考にしていただければと思います。一人ひとり事情が異なりますので,具体的なご相談は名古屋駅すぐの税理士法人心にご相談ください。

相続税の申告
1 相続税の申告 相続税の申告用紙は,税務署でもらうことができます。2 申告のた・・・続きはこちら
相続税の課税の対象とならない財産
相続税法では,社会生活的な見地や国民感情などから,相続税の課税の対象としない財産・・・続きはこちら
遺産分割未了の場合の相続税申告
相続税の申告期限(10カ月)内に,遺産分割の話合いを済ませておかなければいけない・・・続きはこちら
配偶者に対する相続税額の軽減
1 配偶者に関しては,老後の生活の保障や,これまで資産の維持形成に貢献してきたこ・・・続きはこちら

お役立ち情報一覧はこちら

【皆様からよく質問されること】相続税が発生しそうだが何から始めていいのかわからないという方はたくさんいらっしゃいます。よくいただく質問に対して回答しておりますので,参考にご覧ください。

新着情報

【まずはお電話ください】相続税に関することなど税理士法人心へのご相談はご予約が必要となりますので,まずはフリーダイヤルにご連絡ください。年末年始等お休みのこともございますので,新着情報から詳細をご確認の上ご連絡いただきますとスムーズかと思います。

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

【経験豊富な税理士が在籍しています】相続税の申告・納付の期限には決まりがありますので,期限内にきちんと手続きが行えるように準備する必要がございます。税理士法人心にご依頼いただきますと,税理士が相続税をしっかりとサポートいたします。まずはご相談にお越しください。

スタッフ紹介へ

【名古屋で税理士をお探しの方へ】相続税の申告に不安がある方やどのようにすればよいのかわからないという方は,名古屋駅近くの税理士法人心にご相談ください。ご相談いただきやすいように,税理士,スタッフともに丁寧な対応を心がけておりますので,お気軽にご利用いただければと思います。

対応エリア

【スピーディーに対応いたします】相続税申告期限が迫っているなどのお悩みを抱えている方は,なるべく早く税理士に相談したいと考えるかと思います。税理士法人心は名古屋駅の近くなど,ご利用いただきやすい場所に事務所を設けております。ご相談をお待ちしています。

税理士法人心が相続税申告を得意とする理由

  • 最終更新日:2020年3月10日

1 相続分野に特化

税理士の多くは,所得税や法人税の申告をメインの業務としているため,相続税の減額ポイントがよくわからず納税額が多くなってしまうこともあります。

税理士法人心では,相続税の減額ポイントを的確におさえた申告ができるよう,相続税申告を集中的に取り扱う税理士が対応させていただいております。

2 税務署長経験者の経験を共有し税務署側の視点でもチェック

税理士法人心では,税務署長経験者の税理士が他の税理士と定期的に勉強会を行うことで,「税務署側の視点」からも検討することができるように研鑽を積んでおります。

その経験から,作成した相続税申告書を税務署側の視点でもチェックし,税務調査で問題点を指摘されるリスクを減らし,的確な申告書の作成に努めています。

3 相続チームで毎月研究会を開催

相続税申告では,不動産の評価や非上場株式の評価など,難易度の高い評価が求められることもありますし,相続税に関する法律は毎年のように改正されます。

そこで,税理士法人心では,「相続チーム」を作り,毎月研究会を開催することで,最新の法改正情報を共有するだけでなく,他の税理士の経験も共有することで専門性を高めています。

相続税申告に強い税理士の探し方

1 不動産の評価に強い税理士を探しましょう

税理士によって相続税の納付税額は大きく異なります。

相続財産は,その大部分が,不動産,預貯金,有価証券により構成されています。

このうち,預貯金,有価証券については,評価の仕方がほぼ一律に決まっており,どの税理士が申告書を作成したとしても,評価額に差が生じることは少ないでしょう。

他方,不動産については,どの税理士が申告書を作成するかにより,評価額が異なってくることが非常に多いのです。

これは,不動産については,財産評価基本通達において,評価額を減額する方向での修正要素が複数規定されていますが,税理士によっては,こうした修正要素を見逃したり,適切に適用することができなかったりするためです。

不動産については,評価額が大きくなることが多く,平成29年現在でも,相続財産の評価額合計の半額弱を,不動産が占めています。

このように評価額が大きい不動産について,修正要素が適切に適用できるかどうかにより,相続税の納付税額が大きく異なります。

2 相続税申告に詳しい税理士は決して多くはないことにご注意

税理士は税金の専門家だから,修正要素については,どの税理士でも同じではないかとの疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし,現実には,普段,相続税申告を手がけておらず,相続税について詳しい知識を持っていない税理士は,想像以上に多いです。

平成28年中に相続税申告の対象となった件数は,10万6000件でした。

これに対して,平成28年3月末時点の税理士登録者数は,7万5643人でした。

このように,1年間の相続税申告の件数は,税理士登録者数よりも少ないですので,統計上,1年間に税理士が相続税申告を手がける件数は,1件にも満たないことが分かります。

さらに,実際には,どの税理士も同じくらい相続税の案件を手がけているわけではありません。

相続税の案件を集中的に手がけている税理士もいますので,平均的な税理士が1年間で手がける相続税申告の件数は,さらに少なくなります。

このことを踏まえると,必ずしも,すべての税理士が相続税申告に習熟しているわけではないことが分かります。

以上から,修正要素等を適切に適用し,漏れのない申告を行うためには,相続税申告に習熟した税理士を探し,依頼することが望ましいといえます。

3 税理士を探す際のポイント

以上を踏まえると,相続税申告に強い税理士を探す際のポイントは,相続税申告の案件を多く手がけており,相続税申告に習熟した税理士であるかどうかということになります。

税理士法人心では,相続税を担当する税理士が,相続税の案件を集中的に手がけており,各自が相続税申告に習熟する体制を作っています。

名古屋で相続税申告の件でお困りのことがあれば,税理士法人心にご相談ください。

相続税申告までの流れ

1 相続税申告のスケジュール

相続税の申告・納付の期限は,原則として被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月です。

では,被相続人が死亡してから,どのような順序で,申告・納付に向けて行動すればよいのでしょうか。

2 被相続人の財産調査

まず,遺産の総額を確定させる必要がありますので,被相続人の財産調査を行います。

複数の銀行に口座を持っていたり,自宅以外に不動産を所有していたりすると,実際に調査しなければ,どのような遺産があるかが分からないこともあります。

自宅の引き出しに通帳がないか,固定資産税納税通知書が保管されていないかなどの手がかりから,被相続人の財産の調査を行い,遺産の全体像を把握します。

3 相続人調査

遺産分割協議は,相続人全員で行う必要があり,漏れがあれば無効となってしまいますので,遺産分割協議に先立って,相続人の調査は必ず行わなければなりません。

調査の方法は,被相続人の最後の本籍地で,被相続人が除籍されている戸籍謄本(または除籍謄本)を取得し,そこから出生時までさかのぼって戸籍謄本(または除籍謄本か改正原戸籍)を取得して,相続人を調査します。

4 遺産分割協議

相続税が軽減される,配偶者控除や小規模宅地等の特例を適用するには,申告期限までに遺産分割協議を成立させる必要があります。

そこで,相続財産と相続人の把握ができた段階で,遺産分割協議を行います。

もっとも,申告期限までに遺産分割が終了しなかった場合でも,申告期限内に,法定相続分に基づく仮の相続税額を計算し,申告期限後3年以内の分割見込書を添付した申告書を提出し,遺産分割協議終了後に更正の請求をすれば,特例の適用を受けることができます。

5 遺産の評価

一般的には,不動産が遺産の中で一番大きな割合を占めていることが多いですので,遺産の評価の場面では,不動産の評価が最も重要になってきます。

様々な特例の適用や,評価減となる要素を考慮することで,不動産の評価額が大きく下がり,結果として申告が不要となることもあります。

6 申告・納付

相続税の申告書の提出先は,被相続人の死亡時における住所が日本国内にある場合は,被相続人の住所地を所轄する税務署になります。

例えば,被相続人の最後の住所地が名古屋市昭和区で,相続人の住所が名古屋市千種区であった場合,相続税の申告書の提出先は,名古屋市昭和区を管轄する昭和税務署であり,千種区を管轄する千種税務署ではありません。

相続税を現金納付する場合には,10か月以内に納付しなければなりませんが,延納や物納を選択する場合も,10か月以内に申請書を提出し許可を受けなければなりません。

自分でも相続税申告はできますか

1 相続税の申告期限

相続税申告は,相続開始を知ったときから10か月以内に行わなければなりません。

ですので,通常は,被相続人が亡くなったことを知った日から10か月以内に行う必要があります。

2 相続税申告までにやらなければならないこと

相続が開始した後は,遺言書の有無の確認,遺言書があれば内容の確認,被相続人の財産調査,生前の贈与財産の有無や内容の把握,相続人調査,遺産の単純承認・限定承認・相続放棄の判断,被相続人の準確定申告,遺産分割協議・調停・審判,相続税の軽減特例の適用の検討,相続税申告書の作成など,進めなければならない手続きや準備しなければならない書類が数多くあります。

したがって,ご自身で相続税申告を行う場合には,期限までにこれらの手続きや書類を準備しなければなりません。

3 相続税申告を相続税に強い税理士に頼むべき理由

相続税申告は,ご自身で行うと,

  1. ①手続きや準備に手間暇がかかる,
  2. ②相続税を軽減する特例を受けられなくなる可能性が高い,
  3. ③税務調査の対象となる可能性が高まることから,相続税に強い税理士に依頼するべきです。
  1. ①手続きや準備に手間暇がかかる点については,前述したように,相続税申告までに進めなければならない手続きや準備が数多くあります。

    これらの数多くの手続きや準備を,相続開始を知った日から10か月以内に行わなければなりません。

    財産調査では,故人が口座を持っていたと思われる金融機関の支店ごとに問い合わせて確認しなければなりませんし,保険や共済も故人が契約していたと思われるすべての保険会社や共済組合に確認を取らなければならず,非常に時間がかかります。

    税理士などの専門家であれば,これらの情報を一括して取り寄せる方法もありますので,調査の段階から専門家に依頼するべきです。

  2. ②相続税を軽減する特例を受けられなくなる可能性が高いという点については,相続税には,1億6000万円かそれを超える場合は法定相続分まで相続税を免除する配偶者の税額軽減措置や,土地の評価額を最大で8割減にする小規模宅地等の特例等,様々な特例があります。

    これらの特例の適用を受けるためには,満たさなければならない複雑な条件がありますので,相続税に強い税理士に相談するべきです。

  3. ③税務調査の対象となる可能性が高まるという点については,相続税申告では,申告件数の約3割が税務調査の対象となると言われています。

    調査の結果,新たに遺産が見つかるなどした場合には,修正申告書の提出や足りない税金の納付を求められます。

    ご自身で相続税申告を行った場合は,申告内容に誤りがあることも多いことから,税務調査の対象になりやすいと言われています。

    確実な申告を行うためにも,相続税に強い税理士に相談するべきです。

4 税理士法人心の本部オフィスのご案内

税理士法人心の本部オフィスは,名古屋駅から徒歩2分のところにあり,名古屋市やその近郊にお住まいの方にご相談いただきやすい環境を整えております。

相続税申告を主に取り扱っている税理士も所属しておりますので,安心してご相談ください。

相続税はいつまでに申告・納税すれば良いですか

1 相続税の申告期限

⑴ 申告期限

相続税の申告は,被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に,被相続人の最後の住所地を所轄する税務署で行います。

たとえば,被相続人が名古屋市中村区で亡くなった場合,管轄の税務署は名古屋中村税務署になりますので,被相続人が死亡してから10か月以内に名古屋中村税務署へ申告書を提出しなければなりません。

なお,10か月後の申告期限が土曜,日曜,祝日にあたるときは,これらの翌日が期限になります。

たとえば,平成28年12月31日に被相続人が亡くなった場合,翌日の平成29年1月1日から10か月後の平成29年9月30日が期限となるはずですが,この日は土曜日であり,翌日も日曜日ですので,翌々日の10月2日が申告期限になります。

申告が必要にもかかわらず,申告期限までに申告をしなかった場合,無申告加算税が課せられる場合がありますので,注意が必要です。

⑵ 申告期限までに遺産分割協議が成立しなかった場合

相続税の額は,各相続人が取得する相続財産額が決まらないと,最終的に納付すべき金額を計算することができません。

このため,10か月以内に遺産分割協議がまとまらなかった場合は,ひとまず各相続人が法定相続分に従って財産を取得したものとして相続税の計算をし,申告を行います。

この申告では,小規模宅地等の特例や配偶者控除などが適用できません。

そして,申告後に遺産分割協議が成立し,その結果,計算した税額と申告した税額が異なる場合には,修正申告(実際の税額が申告した税額よりも多かった場合)または更正の請求(実際の税額が申告した税額よりも少なかった場合)を行うことができます。

なお,この修正申告または更正の請求において,小規模宅地等の特例や配偶者控除などを適用することができます(ただし,申告期限後3年以内に遺産分割が終了しない場合には,「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」を提出するなどの手続を行う必要があります)。

2 申告が不要な場合

相続税の申告は,全ての相続人において必要というわけではなく,相続や遺贈等によって取得した財産および相続時精算課税の適用を受ける財産の合計額が基礎控除額以下であれば,相続税はかかりませんし,申告も必要ありません。

ここで注意すべきなのは,同じく相続税がかからない場合であっても,配偶者控除など各種の税額控除や小規模宅地等の特例を利用することにより相続税がゼロとなる場合は,申告しないとこれらの制度を利用することができないという点です。

したがって,これらの制度を利用する場合は,申告を行う必要があります。

3 相続税の納付期限

相続税の納付期限は,申告期限と同じく,被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内です。

期限内に申告していても,納付が期限後の場合は,延滞税が課される場合があるので注意が必要です。

相続税の納付は,申告した税務署だけでなく,金融機関や郵便局の窓口でも行うことができます。

納付方法としては,現金で一度に収めるのが原則ですが,申告書の提出期限までに税務署に申請書などを提出して許可を受ければ,何年かに分けて納める延納制度や,相続などで取得した財産で納める物納制度を利用できる場合もあります。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

ようこそ税理士法人心の「相続税サポート」のページへ

相続税の申告期限

税理士法人心では,名古屋市を中心に,東海エリアの相続税申告のサポートをさせていただいております。

相続税申告は,相続開始を知った時から10ヵ月以内に行わなければいけません。

10ヵ月と聞くと,時間的にも余裕があるようにも思えますが,相続税申告では,遺言書調査・相続人調査・相続財産調査,遺産分割協議,申告書の作成と納税資金の準備を行わなければなりませんし,ご逝去から3ヵ月以内には相続を承認するか,放棄するか,一部限定的に承認するかを判断しなければなりません。

お葬式が終わり,四十九日を終えて…とバタバタしていると,すぐに3ヵ月,10ヵ月と時間が経過してしまいますので,それほど余裕はありません。

正確かつ適切な相続税申告をすることが大切

また,誤った相続税申告をしていると,税務署から調査に入られたり,加算税や延滞税など,最初から正確な相続税を納めていればかからなかった税金がかかることもあります。

ですので,相続人調査や相続財産調査は,漏れなく正確に行うことが大切です。

税理士法人心では,東海地方を中心に相続税申告書の作成やご相談をお受けしております。

あらかじめご予約いただければ,平日の夜間や土日のご相談にも対応いたしますので,相続税申告でお困りの方は,フリーダイヤルへお気軽にご連絡ください。

お問合せ・アクセス・地図へ